禁煙21日目に入りました

禁煙を始めて21日目に入りました。

 

ここまで来れば自分で言うのもなんですが今までの

禁煙失敗してきた苦節からすれば大したものだと思います。

 

 

ニコレット96個は2週間ちょっとのところできれました。

 

まだなんとなくガムがないと落ち着かないので24個を買いたししました。

 

2400円位でした。

 

 

これまで記事を書いてきた通り、私は意志の力を発揮することがなかなか

できず、禁煙アイテムによって禁煙に成功する事ができました。

 

目標の2週間を超えて、20日が経過しましたので自分へのエールの意味も

込めて禁煙成功!と心から思おうと思います。

 

まだまだ日にちが浅く、非喫煙者とは言えませんが禁煙には大成功!

だと思いこれからも煙草からは距離をもっと築いていこうと思っております。

 

 

煙草をやめて21日が過ぎましたが、気づいたことがまた出てきましたので

記事にしてみようと思います。

 

それはズバリ、「衣服の臭い」です!

周りから煙草のにおいが臭う臭うと言われてきましたが、

禁煙に成功した現在、喫煙していた時の衣服を着ると自分でも

臭いんです。

 

それは表現すると頭が痛くなるようなくらくらするような、

とにかく今となると不快な臭いなんです。

 

バスに乗るときに前使っていたマスクもかけてみたのですが

これも煙草臭い・・。

 

仕方なくマスクは付けたままでしたが煙草の臭いを嗅ぎながら

バスに乗っていました。

 

これは苦痛以外の何物でもなく、煙草をまた吸いたいなどと

いう思いはもうなく、ただただ嫌気がさしていました。

 

これが禁煙20日を過ぎて禁断症状を経過した私の現在の状況です。

 

煙草を吸っている方を見ると、近くを通るのを避けたくなります。

これは煙草がまた吸いたくなるから、というのではなく単純に

煙草が嫌いになっているからです。

 

煙草を持っていたりくわえていたりする方を見ると、

「やめた方がいいのに・・。」

という思いがわいてしまいます。

 

禁断症状や煙草依存が完全になくなっているのが自分でも分かるくらいです。

 

ただまだニコレットに対する依存があるため、ガムをたまに噛んでいます。

 

噛む量をだんだん減らすつもりで買い足ししましたので1日2~3個程度の量です。

 

禁煙始めたての頃は一日5~7個は噛んでいたと思います。

 

 

というわけで自分の衣服の臭いが気になってきたので、

ダウンジャケットなどの上着や冬用の衣服などをクリーニングしたり

洗濯したりしています。

 

綺麗さっぱり煙草の臭いが取れてしまえば今の自分には気持ちがいいです。

 

これを考えると喫煙していたころの自分は、どれだけ周りに

この臭いをかがせてしまっていたのか・・。

 

今となっては気持ちが痛みます。

 

 

 

煙草を吸う女性をたまに見ますがとても心配な気持ちになります。

 

女性には出産などが控えているんです。

 

生まれる子供に悪影響があるのは有名な話です。

 

 

同窓会などに行くと同級生の女の子も煙草を吸って話をしていましたが

未来の事を考えると喫煙をすぐにやめる事は必須だと思います。

 

だからと言って煙草は男が吸うのは仕方ないと言っているわけでは

決してありません。

 

 

周りへの受動喫煙や、将来起こるかもしれない病気や疾患。

 

これらを考えると男女関係なく煙草をやめようと思ったことがある方は、

すぐにやめる事を始めるべきです!

 

ライブドアニュースでは、こう紹介されてあります。

 

「国民健康・栄養調査」によると、喫煙者のうち「たばこをやめたいと思う」人の割合は、男性で26.5%、女性で38.2%。女性の方が男性より、「やめたい」割合が約12ポイントも高い。

news.livedoor.com

 

これは2016年のニュースです。

やめたいのにやめれない人が多いんです。

 

私も散々煙草を断つ事には苦労しましたが、それだけ依存度が高く、

中毒性が高く禁煙セラピー的に言ってしまえば、

 

この吸わなければ・・と思わせるこの依存性は麻薬と同じ。

 

という事に尽きると思います。

 

 

やめようと思ったことのある人へ向けてこのブログを徒然書いてゆく

つもりです。

 

というのも、やめようと全く思ったことのない人には言っても無駄か、

かえって怒る人もいるからです。

 

私もやめようと思ったことのない時に、煙草をやめなよ。そう言われても

何にも心に感じずにいて、おせっかいな事だな。そう思うだけだったからです。

 

喫煙をする事はあくまで喫煙者にとっては落ち着く、心のオアシスを

作り出すものでもあると思います。喫煙をしていたという経験が

あるからそれは分かります。

 

しかしそれは喫煙者だけなのです。

 

吸っていない現在の私からすれば煙草をやめてしまえば、それはもうただの

錯覚と言えるでしょう。

 

年に10万円以上ものお金を払って錯覚を味わっているだけ。

 

錯覚にお金を払うのはもうやめましょう。と言いたいです。

 

禁煙セラピーでも書かれてありますし煙草から離れられた

私からも言える事です。

 

 

煙草をやめて禁煙のおかげで浮いたお金を使って今月は何を買い物するか

楽しみです。

 

煙草をやめてほしい、自分もやめたいと思いこのブログを作って

みましたが、煙草はぜひやめてください。

 

こう思うようになったのも大きな変化です。

 

ちょっとでもやめたいと思ったことがある方、煙草はやめて!m(_ _)m

 

 

きっと錯覚よりもいい世界が待っていますよ。

 

 

 

がんばりましょう!ありがとうございました。

 

禁煙21日目